孫娘2歳が通う保育園の運動会でした。

22日土曜日は孫娘の結華が通う保育園の運動会がありました。結華は8月29日で2歳になりました。可愛い盛りです。普段の日は朝9時から夕方4時までの預かりで母親が送り迎えをしています。生まれたばかりの頃は色の黒い子で、ここだけの話ですが長男の嫁の母親に似て目が細く吊り上がっていて、自分の家の家系とは違った子だと思い抱くのも嫌でした。正直、嫁の両親とは気が合わないこともあって、女房(婆さん)にも向こうの家に似ているから好きになれない、とこぼしていました。女房から、子供に罪はないのだから可哀そうだよ!と窘められていました。上の孫は男の子で今年5歳です。
長男(父親)の小さい頃の顔にそっくりで本当に可愛いです。最初の孫ということもありますが何でこんなに違うのだろうふたりの顔を見比べながらつくづくそう思いました。ところが1歳を過ぎた頃から顔が段々と変わり始め色は白くなり、目はくりくりと丸くなり顔の輪郭も丸くぽっちゃりとして、可愛らしくなってきました。自分も子供を男の子ですがふたり育てていますので、生まれてから顔が何回か変わるのはわかります。ただ、孫娘の場合は経験上、ほぼ絶望的だと思っていました。奇跡が起きたとしか言いようがありません。そんな結華の運動会に家族全員(6名)で応援に行きました。0歳と1歳と2歳で合計15名の園児です。保育園の庭が狭いので近くの神社の境内を借りて行います。運動会らしく入退場の門と手作りの国旗がひもで吊るされてたなびいています。白く引かれた白線も運動会の会場らしさがあり雰囲気も満点です。15名のちびっころの入場です。観客席には父母と爺と婆と兄弟たちが笑顔と拍手で迎えています。行進もほとんどばらばらで顔も下を見たり上を見たり両親のほうを見て駆け寄ったりで爆笑の中の行進です。結華が自分たち家族を見つけ笑いながら手を振っています。自分の顔も見つけるとにっこり笑いました。付き添いの保育士さんにこちらを指さし教えています。20mの駆けっことお遊戯と親子リレーと先生方が混じっての寸劇で約1時間30分の運動会でした。最初から最後まで笑い通しでした。天気にも恵まれ誰一人怪我も無く、先生方のご苦労のお陰で無事に運動家は終わりました。やっぱり、孫娘の結華が一番可愛かったです。

孫娘2歳が通う保育園の運動会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です